はじめに回転寿司を考えた人は天才だと思う




 

回転寿司を最初に考えた人って凄くない?

 
 
昔ながらの店だと、カウンターを挟んで大将に注文するスタイルで、
 
 
値段も高級店ならではの時価。
 
 
食べる順番とか作法とか色々あったりする、結構敷居が高い食べ物だったけど、
 
 
 
今や1皿100円は当たり前
 
 
 
動くレーンに乗せて店内でぐるぐるまわし、
 
 
客は食べたいものを好きに取って食べていい
 
 
初手サーモンぶっぱでも全然怒られることなんてない
 
 
 
注文も、声も出さずにタッチパネルで選択、
 
 
決定すると特急の専用レーンで送られてくる、すごい
 
 
メニュー、メニューの数もすごい
 
 
寿司食いに来てるのにシャリの上に平然と肉が乗ってたりする
 
 
 
 
食べるとやっぱりおいしい、ハンバーグも王道のおいしさ
 
 
ラーメン、うどん、そば、牛丼も置いてたりする
 
 
デザートもおいしい
 
 
 
回転寿司すごい、もう何がすごいって
 
 
進化するごとにあらゆる物が取り込まれていき、飽和していく
 
 
今の回転寿司には異端というものは存在しないのだ
 
 
パフェだろうが、アボカドえびだろうが、デミマヨハンバーグだろうが、
 
 
店はそれを商品として出し、客はそれを快く受け入れてきた、その流れ
 
 
 
伝統を守るというのも大事だけど、新しい風を受け入れて
 
変わっていくのも大切だよね、ということを回転寿司は教えてくれた
 
 
そんだけ!
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です