【MMO】とある装備を手に入れるために200億ゲルダ稼いだ男の話




こんにちは、キノムです。

最近めっぽうMMORPGをやってないなーと。

皆さんはハマっていたオンラインゲームは何かあるだろうか?

僕はめちゃめちゃハマっていたゲームがある。

それは「トリックスター」というMMORPGだ。

基本無料ということもあって気軽にやってて、

たまーに1000円ずつ入れる感じの微課金プレイヤーだった。(合計で2万もいってないと思う)

僕がよく買ってたのが「速度上昇装備」と呼ばれるもので、

どういう効果があるかというと、単純にキャラの移動速度が速くなるのだ。

ただ、このゲームにおいては移動が速くなる事によるメリットはとても大きくて、

 

  • 索敵がしやすくなる。(Lv上げの効率化)
  • 敵がいるフィールドを移動する際、攻撃を貰いにくい。
  • どこでも効果を発揮するので、街での行動も素早く行える。
  • 時間制限のあるクエストを有利に進められる。(これが一番大きいかも)

 

と、探索・クエスト品収集・戦闘に至るまですべての行動がとてつもなく快適になる。

ただ、デメリットとして

 

  • 速度上昇系の装備は課金しないとほぼ手に入らない。
  • しかも買いきりではなく時間制限が掛けられている。
  • 一番安いもので「速度30%UP/7day/150円」【軽気功の護符】
  • 一番高いもので「速度90%UP/7day/900円」【赤の靴紐】

 

ずっと使おうと思うとお金(リアルマネー)の消費が激しいといった点が挙げられる。

この「7day」プレイしてない時間も含まれているので、余計高く感じる。

しかし、「ほぼ手に入らない」といっても安定して入手できる方法が一つだけあり、

それが

「Lv40になったときに運営からもらえる【パラベンスボックス40】の中に入っている【天馬降臨符】(速度70%UP)

なのだが、これも3日しか保たないので日常的に使うには厳しい。

というわけで、そんなにお金を掛けられなかった僕は期限が切れた後も追加で買うことはあまり出来ず、

悶々とした気持ちで動きの遅くなったキャラを操作して楽しんでいた。

 

そう、あの装備の存在を知るまでは…

 

第1話:ゲルマニウムブレスレットとの邂逅

 

時間制限が無く、「永久」に速度を上げる事ができる装備の存在を知った。

 

そう、それがこの【ゲルマニウムブレスレット】(速度60%UP)である

この【ゲルマニウムブレスレット】、他の速度上昇系の装備と同じように時間制限を掛けられるはずだった(らしい)のだが、

運営側の設定ミスにより効果が「永久」になり、神性能となってしまったアイテムなのである。

普通なら修正してお詫びの品という流れが自然だが、

運営はそのまま「仕様」として修正せず。

期間限定のイベントで取得することが可能だったが、配布はその一度きり。

入手するためには持っている人に交渉して売ってもらうしかなかった。

時間が経つにつれて相場はどんどん上がっていき、

僕が欲しいと思ったときには最低価格でも「20G」

(ここで言う「G」とはネトゲとかでよくつかわれる数の単位のこと。)

 

1k=1,000(千)

1M=1,000,000(百万)

1G=1,000,000,000(十億)

 

(上記の単位がよく使われる。ちなみにゲーム内通貨の単位は「ゲルダ」)

つまり【ゲルマニウムブレスレット】を入手するためには200億ゲルダを集める必要があった。

現実でのお金は持ってなかったけど、時間はあった僕。

速度も上げたかったけど、その入手難度の高さに燃えて

とりあえずやってみるか、と。

 

第2話:俺、露天商になります

 

稼ぐアテはあった。

このゲームには店を自分で開いて、

持っているアイテムに自由に値段を決めて他のプレイヤーに売る事ができる

「露天」という機能が存在する。

出店した後は放置でいいので、人が集まりやすい街だとびっしりと出店しているのもよく見る光景だ。

モンスターからドロップするアイテムでも高く売れるものがあるのだが、

もう少し相場が高い「発掘品」を集めて売ることに決めた。

「発掘品」とは「ドリルで地面を掘る」事により入手が可能なアイテムのことである。

このゲーム特有のシステムでもあり、醍醐味でもある。

発掘はどの職業のキャラでもできるのだが、「発掘に関する補助スキル」が使える職業は限られていて、スキルの有無で効率は大きく変わってくる。

僕はこのとき、発掘に適した職業である「アサシン」をメインにプレイしていた。

 

僕はこのアサシンのスキル

【ダウジング】
(一定領域内にある地中アイテムの有無を特定の深さまで感知することができる)
【バニッシュ】
(透明化。姿を消して攻撃されないようにする。高レベル帯のフィールドでも安全に掘ることが可能)

 

この2つのスキルを活用して発掘品を掘りまくり、高値で売りまくった。

【ダウジング】に関してはステータスの【感知力】が高いほどサーチの精度が上がるのだが、

アサシンを【感知極振り】で育てていた事が幸いし、掘るのは圧倒的に楽だった。

普通、発掘作業はかなり面倒なのでサブキャラを育成しているネトゲ廃人の需要がかなり高いのである。

しかし1個1M、5Mで売ったとしても目標金額の1割にも届かない。

そんな中苦しんでいると、当時入っていたギルドのメンバーから

「1日かけても掘れない事があるんだけど、掘れれば100M以上で売れる鉱石があるよ」

と、神の啓示のようなアドバイスを頂いたので、試しに掘りに行ってみることに。

第3話:掘れば1億!?アダマンタイトを求め地の底へ

 

―テチチ火山-ゴールデンアッシュ第1鉱区―

この場所で【アダマンタイト】が発掘できる事を教えてもらった。

強力なモンスターが徘徊している、火山の中腹にこの炭鉱はあった。

自分一人で相手にするのは厳しかったが、【バニッシュ】で透明化、戦闘を全て避けてなんとか辿り着くことが出来た。

無心で掘って、掘って、掘って、

結果、1つ掘るのに12時間かかった。

広大なマップを隅から隅まで掘りつくしてようやく1個である。

発掘に特化したキャラでさえこれなのだから、戦闘職にはまず見つけられないだろう。

気の遠くなる作業であったが、取引掲示板にて「アダマンタイト 150M」で募集をかけるとすぐに買い手が見つかり、

一気に大金が入ってきた。

手持ちで持てるお金は約10億ゲルダ(999,999,999ゲルダ)までなので、

高額の取引は【500万ゲルダクーポンチケット】というものに変換して行われる。

今回は150Mで売ったのでチケット30枚との交換だ。

【ゲルマニウムブレスレット】も、この取引の仕方なので

変換するとチケット4000枚分必要。まだまだ道のりは遠い。

結局アダマンタイト10数個とその他発掘品で稼いだお金は

この時点でおよそチケット600枚ほど(30億ゲルダ)であった。

稼いだ金額がようやく目標の1割を越えた頃、大規模なアップデートが行われた。

新規マップ&新規システムの追加である

この追加により、その後の金策が大きく変わり、資金の獲得スピードも飛躍的に加速していく。

 

第4話:金稼ぎに革命が起きた!「鎮魂の空間&メルティングシステム」実装

 

混沌の塔というダンジョンに「鎮魂の空間」が実装された。

そこにいるボスは一日に一回しか出現しないのだが、ボスを倒すと「異界シリーズ」と呼ばれる装備の入った【異界の~ボックス】を入手することが出来る。

装備の性能は毎回ランダムで決まるのだが、本来の40%の性能でも結構強いので、

異界シリーズに関するアイテムが高値で取引されるようになった。

僕も塔を登りボスに挑んだのだが、最上階付近のボスには歯が立たず、

6段階中3段階までのボスしか倒すことが出来なかった。

強いボスからは、より強い装備が出る。

でもなかなか倒すことが出来ない。

そんなときに目をつけたのが【メルティングシステム】である。

メルティングシステムとは本来、性能が低い異界装備を5個消費することによって

そのレア度に応じた【融合ボックス】を生成することのできるシステムだ。

運が良ければ【融合ボックス】から【異界の~ボックス】を取得することができる。

 

このシステムをうまく使えないかと考え、

別の武器でも生成できないだろうかと実験してみた結果、

 

 

店売りの木刀5本で最上位の異界装備が生成できることが判明した。

 

 

こんなドラゴンを相手にしなくて良いのである。

その事実を知った僕は今後こんなルートで異界ボックスを生成していくことになる。

異界装備の性能が高い物を引き当てれば5Gだろうが10Gだろうが値段が付いてしまうのだが、

それを入手するためにはとんでもない試行回数が必要だとわかっていたので、

異界装備が確定で出る前の状態、通称”黒箱”の状態で市場に流すことにした。

もっとも値段の付く、

【異界の真紅ボックス】

【異界のメイデンクイーンボックス】

を一つ30Mゲルダで売った。

一日あたり木刀2000本(1.5Mゲルダ)を消費して30~50個の黒箱を収穫することができ、

収益は1.2Gゲルダほど。

2週間せっせと働いた結果、目標金額はサクッと集まってしまった。

第5話:目標金額達成。取引へ

 

【500万ゲルダクーポンチケット】を4000枚用意し、取引がいつでも出来る状態を作ってから

取引掲示板に「ゲルマ 20G 買います」と書き込んだ。

30分ほど待つと連絡が来た。売ってくれる人からだった。

詐欺に遭わないように注意していたが、あっさりと取引は終わり、

僕のアイテム所持欄に【ゲルマニウムブレスレット】が表示された。

早速装備し、移動速度が速くなる事を確認する。

目標を達成した僕は燃え尽きてしまい、

そこからトリックスターにログインすることは少なくなってしまった。

最終話:僕はオワコン化の一端を担っていた

 

ログインしなくなって2ヶ月が経ったころ、久々にログインしたらギルドから除名されていた。

「ログインを一週間しなかったものは除名」

とのルールはあったが、結構仲良くはしてたし薄情な奴らだと思う。

行く当てもなく街を歩いていると、あることに気が付いた。

みんな、同じ装備をつけているのである。

そう、僕が必死に生成していた「異界シリーズ」だ。

異界装備が強すぎて皆がそれしか着けなくなっていたのである。

ネットゲームという広い世界の中で、大勢の人が個性を捨て去るほどの力を持っていた。

このゲームでやれることも

「混沌の塔でボスを倒して装備を入手する」

くらいしか無くなり、徐々にゲーム人口は減っていった。

そして、それから1年も経たないうちに、

 

トリックスターサービス終了が発表された。

 

全体から見れば僅かだし、勿論原因はそれだけではないとは思うが、異界装備を流通させた僕にも責任があるのかも知れないと感じている。

【ゲルマニウムブレスレット】もサーバーのセーブデータと共に消えてしまった。

残ったものは、何も無い。

今はただもう一度、

新しくキャラを作り直してまたのんびりと楽しんでみたいという想いだけ

ふと、思い出した。

おまけ

 

スマホ版…?知らない子ですね…

おわりっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です